top of page

「いったん調整、強気形状は維持できるのか」~9/7(朝刊)

 昨日の米国株式相場は下落。ダウ工業株 30 種平均は 198.78 ドル安の 34443.19、ナスダック総合指数は 148.48 ポイント安の 13872.47 となった。また、時間外取引の日経平均先物(円建て)は 33110 円付近での推移。したがって、本日の日経平均は軟調スタートを想定。下値を試すと思われる。


 日経平均の日足チャートでは昨日、窓を空けて上昇。上方の窓を完全に埋めており、強い達成感が出ている。窓と株価の位置が逆転したことに加え、上方には壁①が存在している可能性がある。短期的に下落しやすい需給となっており、本日はそれを受けて軟調スタートとなるだろう。



 もちろん焦点となるのは、売り一巡後の動きだ。下方の窓を埋めてしまえば、短期的な調整余地がなくなる。同時に上方の壁が消滅する可能性もあり、押し目買い機運が高まるかもしれないのだ。現在は上昇相場であり、基本的な方向性は上向き。売り一巡後に需給が改善し、上昇突破する可能性は十分にある。投資家は「買いポジション」を持ったまま、「強気形状を維持できるのか」を見定める必要があるだろう。


 そして明日はメジャーSQ である。この SQ に向けて思惑的な売買が行われる可能性があり、短期的な乱高下には注意が必要だ。メジャーSQ というビッグイベントと同時に、チャートの節目に到達したということもあり、相場の流れが「ガラリ」と変化する可能性もある。投資家はその方向性を見て、適切な判断をするようにしたい。


【本日のレポート銘柄】

ネクステージ<3186>

海帆<3133>

カバー<5253>など


投資するならこのツイートをチェック!!

https://twitter.com/madohige


「裏・窓理論」のポートフォリオの詳細を知りたい方はこちらまで↓

madohige.com/shop


「黒岩の眼」を購読希望の方はこちら↓

https://www.madohige.com

閲覧数:23回0件のコメント

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page