top of page

「もみ合いスタート、先高観は強まって行く」~1/14(夕刊)

本日の日経平均は 241.67 円高の 28698.26 円で取引を終了した。後場に入ってから 29000 円の大台に接近する場面もあったが、引けにかけて失速。急速に値を消す展開とな った。連日の上昇による過熱感から、一時的に高値警戒感が出たのであろう。 日経平均の日足チャートでは、長い上ひげが出現。高値圏での利食い売り圧力の強さを 示唆しており、短期的な天井をつけた可能性がある。「窓・ひげ理論」からいえば、目先は下 方の窓を目指す流れ。調整を強いられる可能性がある。


閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

昨日の米国株式相場は上昇。ダウ工業株 30 種平均は 205.57 ドル高の 33949.41、ナスダック総合指数は 199.06 ポイント高の 11512.41 となった。また、時間外取引の日経平均先物(円建て)は 27470 円付近での推移。したがって、本日の日経平均は堅調スタートを想定。上値を試すと思われる。 日経平均の日足チャートでは昨日、陰線が出現。上方の窓を埋めたことから、比較的強い達

記事: Blog2_Post
bottom of page