検索
  • Yasushi Kuroiwa

「もみ合いスタートも、急落の準備をしっかりと・・・」~8/4(朝刊)

 昨日の米国株式相場は上昇。ダウ工業株 30 種平均は 278.24 ドル高の 35116.40、ナスダック総合指数は 80.23 ポイント高の 14761.30 となった。また、時間外取引の日経平均先物(円建て)は 27640 円付近での推移。したがって、本日の日経平均はもみ合いスタートを想定。前日終値近辺から始まると思われる。


 前日の日経平均はローソク足で十字足が出現。強弱感の対立を示唆しているものの、弱気形状に変化はない。株価は執拗に売り圧力を受けやすく、下方向に行きやすい。投資家は「売りポジション」を持ちながら、急落のリスクに備えるべきだ。

 内外での手掛かり材料が乏しいものの、気になる情報がある。それは英科学者が「ワクチン効かない変異種の出現はほぼ確実」と予測したことだ。あとは、英学会が「3人に1人死亡の可能性がある新たな変異種の出現を警告」という論文を発表。これはコロナとの戦いが長期間にわたることを示しており、想像以上の経済的・医療的ダメージが起こる可能性を示唆している。投資家はそういったことを前提にトレードする必要がありそうだ。


 日経平均はもみ合いスタートから下方の窓を埋める展開を想定。その後は連鎖的な窓埋めが起こると考えたい。いつ急落に遭遇しても不思議ではない状況であり、事前の準備をしかりとしておきたい。

52回の閲覧0件のコメント