「もみ合いスタート後は、いったん上値を試す展開か」~3/14(朝刊)

 ダック総合指数は 286.15 ポイント安の 12843.81 となった。また、時間外取引の日経平均先物(円建て)は 25000 円付近での推移。したがって、本日の日経平均はもみ合いスタートを想定。先週末の終値近辺で寄り付くと思われる。


 日経平均の日足チャートでは先週末、前日の急騰の反動もあり下落。下方の窓を一気に埋めている。同時に下ひげが出現しており、早くも調整一巡感が強いチャート形状。押し目買いポイントであることを示している。日経平均はギリギリ「強気形状」を維持しており、これを守れるのかが焦点。投資家は引き続き「買いポジション」を持ちながら、チャートの動きを観察することになる。

 今週も緊迫するウクライナ情勢を横目に見ながらトレードすることになりそうだ。ロシア軍はキエフ近郊まで迫っており、都市部での地上戦は時間の問題となっている。武器や物資の中継拠点となっている西部リビウを攻撃しており、地上戦に備えた動きが強まっている。ロシアは内戦を得意としているシリア傭兵が集めており、キエフ侵攻に備えている。これ以上、ロシア兵の犠牲を出さずに、早期に陥落させる意図があるようだ。


 その一方で、交渉進展の情報も出ている。ロシア側の交渉官も「大きな進展があった」と発言しており、事態改善への兆しも見えている。マーケットはこれらの情報に敏感になりながら、その方向性を探る展開となりそうだ。


 日経平均はもみ合いスタートから、上方の窓を試しに行くのが本線となる。ただ、ウクライナ情勢によってリバウンド・ムードが壊され、再びチャートが弱気転換する可能性がある。投資家はその時には素直に売りにするしかない。


【本日のレポート銘柄】

INCLUSIVE<7078>

日本郵船<9101>

東邦金属<5781>


最新動画はこちら↓

個人投資家はなぜ損をするのか? 1080p 220301 - YouTube


 平素からご購読ありがとうございます。

 21年9月17日より、「黒岩の眼」の本文は「朝刊のみ」の掲載とさせていただきます。ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承をお願いいたます。なお、朝・夕刊(個別銘柄、ストップ高銘柄の情報を含む)のレポート(PDF版)をご希望の方は、弊社ショップにて「年間購読(税込み10万円)」をお申込みください。

なお、銀行振込をご希望の方は、「KTSパートナーズ合同会社 新宿支店 普通 0011176」に「年会費10万円(税込み)」のご入金をお願いいたします。

その後、kuroiwa.am@gmail.comへ、「氏名」及び「送信先メールアドレス」をお伝えください。確認でき次第、レポートを送信いたします。以上、よろしくお願いいたします。

閲覧数:64回0件のコメント