top of page

「もみ合いスタート後は、上方の窓に向けて・・・」~9/26(朝刊)

 昨日の米国株式相場は小幅高。ダウ工業株30 種平均は 43.04 円高の 34006.88、ナスダック総合指数は 59.51 ポイント高の 13271.32 となった。また、時間外取引の日経平均先物(円建て)は 32480 円付近での推移。したがって、本日の日経平均はもみ合いスタートを想定。前日終値近辺から始まると思われる。


 日経平均の日足チャートでは昨日、陽線が出現。上方の窓を突破しており、再び買い転換している。下方のファンダメンタルズの壁③が存在していたことになり、これでボックス相場が確定。上方には窓が空いていることから、目先はこの窓を埋めに行くと思われる。もみあいスタート後は、ジリ高の展開となりそうだ。



 市場は完全に材料不足だ。先週に日米の金融政策決定会合を通過し、市場はひと安心している様子。「米国の高金利が継続するなか、日銀の金融正常化への道のりは遠い」――投資家たちはそんな印象を抱いている。そのような状況下、為替はジリジリと円安が進んでおり、現在は1ドル=148 円台後半での推移。節目の 150 円に接近しており、何かしらの施策が出てくる可能性は十分にある。為替介入なのか、YCC解除なのか・・・。一方的に進む円安に原油高。国内では賃金よりもインフレ率の方が高まっており、これが国民生活を苦しませている。永田町では早期解散の声も聞こえており、「嵐の前の静けさ」の可能性は十分にある。投資家は「買いポジション」を継続するも、突発的事項が発生したときには、即座にそのトレンドについていかなければならない。


【本日のレポート銘柄】

ネクステージ<3186>

レーザーテック<6920>

三菱UFJ<8306>など


投資するならこのツイートをチェック!!

https://twitter.com/madohige


「裏・窓理論」のポートフォリオの詳細を知りたい方はこちらまで↓

madohige.com/shop


「黒岩の眼」を購読希望の方はこちら↓

https://www.madohige.com

閲覧数:10回0件のコメント

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page