検索
  • Yasushi Kuroiwa

「もみ合いスタート後は、下方の窓埋めへ」~11/10(朝刊)

 ック総合指数は 95.81 ポイント安の 15886.54 となった。また、時間外取引の日経平均先物(円建て)は 29260 円付近での推移。したがって、本日の日経平均はもみ合いスタートを想定。前日終値近辺からスタートすると思われる。


 日経平均の日足チャートでは、弱気形状が鮮明になっている。昨日は買い一巡後に失速し、あっさりマイナス圏へと転落。ローソク足でも上ひげが出現している。下方の窓に一部、到達したことで、これをなし崩し的に埋めやすくなっている。短期的には窓下限(29000.65 円)まで下落余地があり、そこまでは惰性で動いてしまいそうだ。日経平均はもみ合いスタートから、ジリジリと下値を試すことになりそうだ。

 相場の下落要因のひとつとなっているのが、為替相場の動きだ。対ドルで円高が進んでおり、1ドル=112 円台に突入。輸出関連株の上値の重しとなっている。その原因となっているのが、米長期金利の低下。現在は年 1.4%台での推移となっており、それが金利裁定面でドル安・円高を促している。先の米 FOMC で早期の利上げが否定されるなか、足元、この傾向は続くのだろう。


 投資家は売りポジションを持ったまま、下方の窓埋めの経緯を見守る必要がある。基本的には「弱気相場」であり、下方の窓に引っ張られやすい。ソフバン急騰の影響も空しく、他の銘柄が足を引っ張る動きとなっている。本日もその傾向が続く可能性があり、投資家は慎重姿勢を続ける必要がありそうだ。

67回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示