検索
  • Yasushi Kuroiwa

「もみ合いスタート後は、下方の窓埋めへ」~11/19(朝刊)

 昨日の米国株式相場は高安まちまち。ダウ工業株 30 種平均は 60.1 ドル安の 35870.95、ナスダック総合指数は 72.14 ポイント高の 15993.71 となった。また、時間外取引の日経平均先物(円建て)は 29590 円付近での推移。したがって、本日の日経平均はもみ合いスタートを想定。前日終値近辺から始まると思われる。


 日経平均の日足チャートでは昨日、十字足が出現。強弱感が対立していることを意味しており、方向性は乏しくなっている。


 しかし、株価水準を切り下げたことで、チャートは弱気形状に突入。先安観が強まっている。本日はもみ合いスタートとなったあとは、下値を試す動きとなりそうだ。

 本日は政府が経済対策を発表する。財政支出が約 53 兆円と過去最大に膨らむ見込みだが、バラマキ主体で成長性戦略に欠けているとの見方がある。株式市場で失望感は出ないにしても、「上値を買い進む理由にはならない」との見方が優勢となりそうだ。日経平均の上値余地は限定的であり、徐々に下値を試す動きになるだろう。


 投資家は「売りポジション」を持ったまま、本当に下値を試す展開になるのか――見極める局面となる。市場に買い材料が乏しく、どうしても上値を抑えられやすくなっている。日経平均の下方には2つの窓が空いており、これを連鎖的に埋めやすい。最大で下段の窓下限(29000.65 円)までの下落余地があり、それを前提にトレードする必要がありそうだ。

73回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示