「もみ合いスタート後は上値トライか、停戦向けて前進」 3/28(朝刊)

 先週末の米国株式相場は高安まちまち。ダウ工業株 30 種平均は 153.30 ドル高の34861.24、ナスダック総合指数は 22.54 ポイント安の 14169.30 となった。時間外取引の日経平均先物(円建て)は 27980 円付近での推移。したがって、本日の日経平均はもみ合いスタートを想定。先週末の終値近辺から始まると思われる。


 日経平均の日足チャートでは先週末、下ひげが出現。取引レンジを着実に切り上げており、相場の強さを示唆している。基本的には「強気形状」であり、上値を試しやすい状況。もみ合いスタート後は、再び強含む展開が予想される。



 そのようななか、緊迫のウクライナ情勢は、本日中にも 4 度目の停戦協議が行われる予定。ロシアはいったんキエフ侵攻を諦め、ウクライナ東部に注力する構え。キエフ周辺でのウクライナ軍の反抗が厳しく、ゼレンスキー政権の打倒は棚上げした様子。その代わり、東部のドンバス地方の侵攻に重点を移し、ロシアの支配を固めたい構えだ。ウクライナのNATO加盟は現時点で不可能なため、これはロシアにとって最低限の目標となりそう。これが「妥協点」ということになりそうだ。


 マーケットは「停戦」を前提とした動きを強めることになりそうだ。ただ、そういったことはマーケットにとって一部、織り込み済みの話。新たなに好感されることはなさそうだ。それでも国際秩序が安定に向かうことになれば、それはリスク低下の重要なポイント。中国がロシアに加担し、経済的混乱も避けられる可能性も高まり、そういったこともプラス評価されそうだ。日経平均のチャートは強気形状を維持。投資家は「買いポジション」を持ったまま、上値トライの動きを観察することになる。


【本日のレポート銘柄】

グローバルウェイ<3936>

日本郵船<9101>

リボミック<4591>

ソフトバンク G<9984>

リミックスポイント<3825>


 平素からご購読ありがとうございます。

 21年9月17日より、「黒岩の眼」の本文は「朝刊のみ」の掲載とさせていただきます。ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承をお願いいたます。なお、朝・夕刊(個別銘柄、ストップ高銘柄の情報を含む)のレポート(PDF版)をご希望の方は、弊社ショップにて「年間購読(税込み10万円)」をお申込みください。

なお、銀行振込をご希望の方は、「KTSパートナーズ合同会社 新宿支店 普通 0011176」に「年会費10万円(税込み)」のご入金をお願いいたします。

その後、kuroiwa.am@gmail.comへ、「氏名」及び「送信先メールアドレス」をお伝えください。確認でき次第、レポートを送信いたします。以上、よろしくお願いいたします。

閲覧数:66回0件のコメント