「停戦合意の可能性も、市場はかなり反応薄」~2/28(朝刊)

 先週末の米国株式相場は大幅高。ダウ工業株 30 種平均は 834.92 ドル高の 34058.75、ナスダック総合指数は 221.04 ポイント高の 13694.62 となった。また、時間外取引の日経平均先物(円建て)は 26380 円付近での推移。したがって、本日の日経平均はもみ合いスタートを想定。先週末の終値近辺から始まると思われる。


 日経平均の日足チャートでは先週末、リバウンドを試す動きとなった。ちょっとした底入れ感は出ているものの、明確な買いサインにはなっていない。

 そのようななか緊迫のウクライナ情勢は、ゼレンスキー大統領が前提条件なしでロシアとの交渉を表明。停戦合意がなされるかどうかが注目されている。


 市場では「ウクライナ侵攻は早期に終わる」との見方が広がり、一時的に買い戻しが優勢となった。ただ、その動きは続いていない。


 停戦合意が成立するかは依然として不透明だ。日経平均先物の反応も薄く、仮に買い戻しの動きがあったとしても、限定的となりそうだ。


 現時点で日経平均のチャートは「弱気形状」を維持しており、基本的には「戻り売り局面」。「停戦合意は成立しない」とみているようであり、投資家も基本的には「売りスタンス」を維持するしかないだろう。


 ロシア・プーチン大統領の目的は、ウクライナ政権を親ロ路線に切り替えること。そのための侵略、攻撃であり、それが成立するまで手を緩めるつもりはなさそうだ。同時に「核兵器の使用」もチラつかせており、その「本気度」がうかがえる。ウクライナが西側になびき、民主化、民衆蜂起の波が自国に及ぶのを最も恐れているのだろう。だから、それを阻止するために決死の覚悟で臨んでいる。


 投資家は「売りポジション」を持ちながら、底入れの有無を確認する局面だ。現時点では「底入れしない」可能性が高く、現状を維持するしかないだろう。3/4 には北京パラリンピックが開幕する。今回の侵攻が北京オリンピック開催後に行われたこともあり、「中国に敬意を表するかどうか」がひとつのポイントとなりそうだ。


【本日のレポート銘柄】

塩野義製薬<4507>

日本郵船<9101>

栄電子<7567>

Enjin<7370>


 平素からご購読ありがとうございます。

 21年9月17日より、「黒岩の眼」の本文は「朝刊のみ」の掲載とさせていただきます。ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承をお願いいたます。なお、朝・夕刊(個別銘柄、ストップ高銘柄の情報を含む)のレポート(PDF版)をご希望の方は、弊社ショップにて「年間購読(税込み10万円)」をお申込みください。なお、銀行振込をご希望の方は、

「KTSパートナーズ合同会社 新宿支店 普通 0011176」に「年会費10万円(税込み)」のご入金をお願いいたします。

その後、kuroiwa.am@gmail.comへ、「氏名」及び「送信先メールアドレス」をお伝えください。確認でき次第、レポートを送信いたします。以上、よろしくお願いいたします。

閲覧数:56回0件のコメント