top of page

「売り一巡後はしっかり、変異種の強さには注意」~1/20(夕刊)

 本日の日経平均は 110.20 円安の 28523.26 円で取引を終了した。買い一巡後は上値が 重くなり、いったん下値を試す動き。それでも売り一巡後は下げ渋っており、押し目買い意 欲の強さを示唆している。


 日経平均の日足チャートでは、下方の窓がサポートする形。この手前で下げ渋っており、 相場の強さを示している。引き続き「軸は上向き」であり、株価は上値を試す動きになるだろう。


 ただ、足元でやや不安な材料も出てきている。本日の大統領就任式はもちろんのこと、コ ロナの変異種の強さが指摘されていることだ。イギリス由来の変異種は感染力が 1.7 倍と目 されているが、ある研究チームによれば、さらに高い変異種の出現もあり得るという。各国で ワクチン接種が始まるなかで、変異種との「いたちごっこ」となる可能性もある。予想外の感染 拡大は株価に悪影響があり、その点は十分に注意をしていきたい。

 あと、気になるのは、国内でのワクチン接種が、マイナンバーとリンクするという話だ。もとも とマイナンバー(国民総背番号制)の普及がイマイチなため、こういったイベントに乗じる必要性があった。それが今回のコロナ渦で行われることで、国民にとってはある意味、象徴的な出来事となりそうだ。「マイナンバーを取得しないと、ワクチンは打てません=死」のような意味で受け入れられ、総スカンを食らう可能性すらある。政府がどの程度、本気なのか、そして国民の同意を得られるどうかに、注目していきたい。それが菅政権の支持率に直結し、政治の安定・不安定を意味することになりかねないからだ。


投資家は上値の重さを意識しながらも、「強気姿勢」を維持していきたい。足元でいったん 振るい落としが行われた分だけ、身動きが軽くなっているのも事実。上昇突破の可能性は高いと考えたい。


閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

昨日の米国株式相場は上昇。ダウ工業株 30 種平均は 205.57 ドル高の 33949.41、ナスダック総合指数は 199.06 ポイント高の 11512.41 となった。また、時間外取引の日経平均先物(円建て)は 27470 円付近での推移。したがって、本日の日経平均は堅調スタートを想定。上値を試すと思われる。 日経平均の日足チャートでは昨日、陰線が出現。上方の窓を埋めたことから、比較的強い達

記事: Blog2_Post
bottom of page