top of page

「米 CPI は下振れも織り込み済み、関心は米 FOMC へ」~12/14(朝刊)

 昨日の米国株式相場は小幅高。ダウ工業株 30 種平均は 103.60 ドル高の 34108.64、ナスダック総合指数は 113.08 ポイント高の 11256.81 となった。注目の 11 月の米消費者物価指数(CPI)は前年同月比で 7.1%の上昇。市場予想を下回っており、米国株は上昇幅を拡大させる場面もあった。しかし、その後は徐々に伸び悩む展開。そもそもCPIが下振れするとの見方が強かったほか、明日の米FOMCを見極めたいという見方が台頭。上昇幅を縮小させる展開となった。時間外取引の日経平均先物(円建て)は 27950 円付近での推移。したがって、本日の日経平均はもみ合いスタートを想定。前日終値近辺から始まると思われる。


 日経平均の日足チャートでは、上下の窓に挟まれた形。短期的に相場は振れやすく、どちらの窓を先に埋めるかが焦点となっている。本日は…

【本日のレポート銘柄】

ダブル・スコープ<6619>

リミックスポイント<3825>

レーザーテック<6920>など


投資するならこのツイートは必見!回数を増やして配信中!!

https://twitter.com/madohige


「裏・窓理論」のポートフォリオの詳細を知りたい方はこちらまで↓

madohige.com/shop


「黒岩の眼」購読希望の方はこちらまで↓

https://www.madohige.com/shop

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

昨日の米国株式相場は上昇。ダウ工業株 30 種平均は 205.57 ドル高の 33949.41、ナスダック総合指数は 199.06 ポイント高の 11512.41 となった。また、時間外取引の日経平均先物(円建て)は 27470 円付近での推移。したがって、本日の日経平均は堅調スタートを想定。上値を試すと思われる。 日経平均の日足チャートでは昨日、陰線が出現。上方の窓を埋めたことから、比較的強い達

記事: Blog2_Post
bottom of page