top of page

「買い先行も、上方の窓では達成感も・・・」~8/30(朝刊)

 昨日の米国株式相場は上昇。ダウ工業株 30 種平均は 292.69 ドル高の 34852.67、ナスダック総合指数は 238.63 ポイント高の 13943.76 となった。また、時間外取引の日経平均先物(円建て)は 32440 円付近での推移。したがって、本日の日経平均は堅調スタートを想定。上値を試すと思われる。


 日経平均の日足チャートでは昨日、ローソク足で上ひげが出現。高値圏での上値の重さを示唆している。しかし、着実に上値を切り上げており、チャートは強気形状を維持。上方の窓を目指す展開が予想される。上ひげを突破すれば、軸が上向きに傾いていることを示唆。上昇しやすい状態であることが分かる。



 市場の関心は今晩のADP雇用リポート、明日のPCEデフレータ、明後日の雇用統計となるのだが、昨日に発表された 7 月の雇用動態調査(JOLTS)では非農業部門求人数が減少。米 FRB による金融引き締めへの警戒感が後退。ナスダックなどが上昇した。日本株もこれを受けて、ハイテク株を中心に上昇するだろう。トヨタの工場再開も好感されると思われる。日経平均は買い先行のあと、上値を試す動きとなりそうだ。


 投資家は「買いポジション」を維持したまま、「どこまで上がるのか」を見る局面となる。今は上方と下方の壁に挟まれた状態。その中央にひとつだけ窓が存在している。この窓が株価の落ち着きどころであり、短期的な目標値となりそうだ。買い方は過度な期待をせず、この窓に到達した場合には、いったんポジションを見直す必要がありそう。到達まで、あと 400 円程度。ここで達成感が出るのか、見極めるようにしたい。


【本日のレポート銘柄】

gumi<3903>

メドレックス<4586>

カバー<5253>など


投資するならこのツイートをチェック!!

https://twitter.com/madohige


「裏・窓理論」のポートフォリオの詳細を知りたい方はこちらまで↓

madohige.com/shop


「黒岩の眼」を購読希望の方はこちら↓

https://www.madohige.com/

閲覧数:5回0件のコメント

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page