「軟調スタートも、相場は強くなりつつある・・・」~2/7(朝刊)

 先週末の米国株式相場は高安まちまち。ダウ工業株30種平均は21.42ドル安の35089.74、ナスダック総合指数は 219.19 ポイント高の 14098.01 となった。また、時間外取引の日経平均先物(円建て)は 27275 円付近での推移。したがって、本日の日経平均は軟調スタートを想定。売りが優勢になると思われる。

 基本的に手掛かり材料難で、相場の方向性は乏しい。ただ、日経平均のチャートは強気形状を維持しており、売り一巡後は押し目買いが入りやすい。積極的に上値を買い進む動きにはなりにくいものの、売り一巡後はそこそこ下げ渋るだろう。


 市場が気にしているのが、米金融政策やウクライナ情勢、あとは国内の感染状況などだ。しかし、いずれにしても悪材料としては「織り込み済み」であり、マイナスのインパクトはそれほど強くない。逆に着実に消化しており、相場が徐々に強くなっている印象だ。


 本日の日経平均は軟調スタートが予想されるものの、売り一巡後は徐々に安心感が強まるだろう。あとは個別企業の決算だ。感染状況がピークアウトしそうな雰囲気となっており、企業経営者がこれをどう業績に織り込んでいくのか焦点となる。仮に保守的な予想が出たとしても、市場が前向きに捉えれば、株価はそれほど売られないで済むだろう。市場が「その先」をきちんと見れるかどうかが焦点となる。


 投資家はいずれにしても、「買いポジション」を持ったまま、この相場を見るしかない。相場は思ったよりも悪くはなく、執拗に買いが入りやすい。投資家は本格的な上昇を待つ局面となる。


【本日のレポート銘柄】

リミックス・ポイント<3825>

塩野義製薬<4507>

シンバイオ製薬<4582>

FRONTEO<2158>

日本郵船<9101>

ANAP<3189>

Enjin<7370>


 平素からご購読ありがとうございます。

 21年9月17日より、「黒岩の眼」の本文は「朝刊のみ」の掲載とさせていただきます。ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承をお願いいたます。なお、朝・夕刊(個別銘柄、ストップ高銘柄の情報を含む)のレポート(PDF版)をご希望の方は、弊社ショップにて「年間購読(税込み10万円)」をお申込みください。

なお、銀行振込をご希望の方は、「KTSパートナーズ合同会社 新宿支店 普通 0011176」に「年会費10万円(税込み)」のご入金をお願いいたします。

その後、kuroiwa.am@gmail.comへ、「氏名」及び「送信先メールアドレス」をお伝えください。確認でき次第、レポートを送信いたします。以上、よろしくお願いいたします。

閲覧数:41回0件のコメント