検索
  • Yasushi Kuroiwa

「需給要因で急反発、上方の窓を埋めただけ」~6/22(夕刊)

 本日の日経平均は 873.20 円高の 28884.13 円で取引を終了した。朝方から堅調スタートとなり、その後は上値を試す展開。海運株など景気敏感株を中心に買いが優勢となった。


 日経平均の日足チャートでは大陽線が出現。ローソク足の組み合わせでは「入れ違い」が出現しており、相場の変化を感じさせる。前日の急落分をほぼ取り戻しただけに、市場には楽観論が強まっているのが現状だ。

 ただ、「窓理論」で見ると、本日の急上昇は上方の窓を埋めただけ。特に上方に窓を残しており、完全に戻り切っていないのが現状だ。「窓理論」の法則2の「売り」に相当し、ここは「戻り売り局面」。明日の下落が懸念される。


 日経平均のチャートは依然として弱気形状だ。本日の上昇は「需給要因」であり、決して信用できるものではない。チャートがいったん崩れたことで、ここで戻り売りを浴びやすくなっている。投資家はシビアに売りポジションを維持する必要がありそうだ。


 本日の上昇は昨日、2か月ぶりに日銀 ETF 買いが入ったことも要因となっている。安値圏にストッパーが現れたことで、ちょっとした安心感。それが買い戻しにつながっている面もある。


 ただ、米国の長短金利が妙に縮小。金利逆転となる逆イールドが懸念される状況下、問題の根は意外と深そうだ。明日、日経平均が改めて売られる展開となれば、投資家たちは現実へと引き戻されるだろう。


<マーケット・ストーリー>

こんな夢を見た。鉄骨を渡っている夢だ。足がぐにゃ~と動いて、バランスを崩してしまった。気持ちを確かにいったん持ち直したように見えたが、崩れた体勢はすぐには戻らない。「あ~、落ちる!」―-いずれ現実を直視することになるのだろう。

73回の閲覧1件のコメント

最新記事

すべて表示