「売り一巡後は上方の窓へ、基本はボックス相場」~5/2(朝刊)

先週末の米国株式相場は急落。ダウ工業株 30 種平均は 939.18 ドル安の 32977.21、ナスダック総合指数は 536.89 ポイント安の 12334.64 となった。アマゾンの決算が嫌気されており、その流れがハイテク株全般に波及。ナスダック総合指数は4%を超える下...

「ネットフリックスが急落も、日本株はもみ合いスタート」~4/21(朝刊)

昨日の米国株式相場は高安まちまち。ダウ工業株 30 種平均は 249.59 ドル高の 35160.79、ナスダック総合指数は 166.59 ポイント安の 13453.07 となった。ネットフリックスが一時 39%の急落。ネット関連株に売りが広がったものの、ダウ構成は堅調な値...

「インフレで注目のセクターは…」~黒岩の眼

<日本にもインフレの波が・・・> 世界的な物価上昇が続いている。新型コロナによる供給制約、そこにウクライナ戦争が加わって、世界的な物不足、あらゆるものの値段が上がっている。世界の穀倉地である「ロシア、ウクライナから小麦が来ない」「世界的な半導体不足で自動車が作れない」―-あ...

「軟調スタートも、基本的には強気相場」~4/18(朝刊)

先週末の米国株式相場は休場。日経平均先物の寄り付き前の気配は 26920 円付近での推移。したがって、本日の日経平均はやや軟調スタートを想定。下値を試すと思われる。 日経平均の日足チャートでは先週末、上下の窓を順番に埋める「窓理論」法則 4 の売りのパターン。株価は…...

「軟調スタート、上下の窓を埋めやすい」~4/15(朝刊)

昨日の米国株式相場は下落。ダウ工業株 30 種平均は 113.36 ドル安の 34451.23、ナスダック総合指数は 292.51 ポイント安の 13351.08 円で取引を終了した。一連の経済指標を受けて改めて金融引き締めへの警戒感を受けて、米長期金利は年...